カラダのサビ落とし出来てます? 今、話題の【百年の青汁】

アンチエイジングに期待のサプリメント!!

豊富に含むポリフェノールやビタミンE・Cが持つ抗酸化作用は、アンチエイジング効果が多いに期待できます。
体が錆びつくと、シワや肌荒れをまねき、体のあちこちに不調をきたしてしまいます。
そんな体の錆取りとして、是非『百年の青汁』を、抗酸化習慣に取り入れてみて下さい!!

沖縄の伝統野菜”長命草”入り《百年の青汁》

長寿の島沖縄でとれた、”長命草”の栄養を、ギュッと凝縮して完成したのが、
『百年の青汁』
です。”長命草”は、日本最西端の与那国島に自生するせり科の植物です。
和名を、”牡丹防風(ぼたんぼうふう)と呼ばれ、島の人々の健康を支えてきたパワーベジタブルです。

 

抗肥満効果が期待できます。

『百年草』には、肥満を抑制する効果があると、古くから人々の間で言い伝えられてきました。
ですが、抗肥満効果を持つ成分の存在が科学的に実証されたわけではありませんが、先人の知恵とは、すぐれたものが多いですから、効果は期待できそうです。

気になるお値段は!!

一箱に、30包が入っていて、一日、一包を、100cc~200ccの水かお湯で溶かすだけ!!
定期ご購入いただけますと、初回限り、2,800円でのご提供となり大変お得となっています。
2回目以降は、4,200円となります。

もっと詳しい情報はこちらをクリック

長命草の環境

与那国島の、強い紫外線や潮風にされされる過酷な環境下で育つ”長命草”は、『クロロゲン酸』『ルチン』などのポリフェノールを豊富に含みます。
海岸近くの岩場や、まれに砂地などに生え、茎は直立し、高さは20~50cm位で、しばしば木のように硬くなります。
また、葉の形状が『牡丹(ぼたん)に似ていることから、名付けられました。
根は薬草となり、根は神経痛や咳・喘息の民間薬として利用されています。

百年草の成分

百年草(牡丹防風)の成分
カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、
カロチン、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維などなど。
ルチン・クロロゲン酸・ネオクロロゲン酸、カテキンなどのポリフェノールが豊富。
クマリン類のビスナジン。

植物界に広く分布する『クマリン化合物』と呼ばれる抗酸化機能を持つ香り成分の一種『プテリキシン』です。
植物は酸化ストレスや植食性動物による食害、傷害などから身を守るために様々な物質を作ります。
クマリンとはサクラやスイートクローバーなどに含まれる二次代謝産物で、桜餅の甘い香り成分で特徴的な芳香を呈します。
プテリキシンは、脂肪細胞や肝臓細胞における中性脂肪の合成を抑制する一方で、筋肉細胞においては脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑えることが明らかになりました。

さらに詳しい情報はこちらから ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です